ジャガーCタイプ軽量。

ジャガーCタイプ軽量。

仕上げ中

アルミニウムの素晴らしい成果は、すべての部品がオリジナルのジャガーです。

このタイプDは、1956年のルマンでの優勝前のタイプDシャーシ:XKD 501のコピーです(年間5回、シリーズ1回目01)。

https://newsdanciennes.com/2016/08/08/la-jaguar-type-d-xkd-501-du-mans-aux-millions-de-monterey/

https://www.ultimatecarpage.com/chassis/2959/Jaguar-D-Type-XKD-501.html

ドリフトはまだ存在せず、フロントガラスはパイロットの前にのみあり、助手席はアルミニウムパネルで覆われています。

1956年の24時間のルマンでは、車は新しい規制に適合するように変更されました(車の全幅を囲むフロントガラスに変更が加えられ、タンクは実際の助手席のドアがある130リットルに制限されています。アルミニウム製のバレルカバーは、プレキシガラスのシートに置き換えられます。

レースでは、不運が続き、工場のジャガーはすべて排除されます。EcurieEcosseのXKD 501は、注入なしで、ワイドアングルシリンダーヘッドなしで、超高速チェンジプレートでAston Martin DB 3Sとコベントリー工場の栄誉を救います。

XKD 501 1955年の初めに建てられた、クライアント、Ecurie Ecosse用に特別に設計された最初のタイプDです。車はジャッキーの兄、ジミー・スチュワートがレースのために購入しました。 5月のトレーニングセッション中に2回twice落したため、彼は実際にXKD 501を飛行しませんでした。毎回、修理のためにDタイプをジャガーに返さなければなりませんでした。 2回目の事故は、彼が今年の24時間のル・マンを除外したことでもあります。

年の後半、デズモンドティッタリントンとニニアンサンダーソンはイギリス諸島でのレースに成功しました。彼はいくつかの表彰台とクラスの勝利を獲得しています。

1956年のシーズンでは、最新の規制に準拠するために全幅のフロントガラスが装備されていました。新しいエンジンもインストールされています。車は1955年後半からその形状を保持し、グッドウッドで勝利を獲得しました。ランスでの世界選手権のラウンド中に、彼は最後の3つのDタイプシリーズ車の後ろに4位になりました。

詳細については :

XKD 501は、1956年にサンダーソンとロン・フロックアートのためにル・マンで発表されました。 4時間目までに、3台の作業車は既に放棄され、スコットランドのタイプDがジャガーの栄誉を守るために馬小屋を残しました。トラブルを回避し、非常に競争力のあるペースで走行することで、スコットランドのチームはそれを行い、フェラーリを7周リードして車に勝ちました。

此副本使用法國註冊卡進行了註冊,是D型副本,配置為1955年,XKD 501,1956年在勒芒獲勝之前。

由組裝好的管子和鋁製車身構成的底盤受益於捷豹的原始零件,在組裝前進行了充分的檢查,4.2升發動機(可能為3.4升),鍍鉻排氣歧管,機械變速箱,帶超速4速,E型軸,4個盤式製動器,4個獨立的車輪,儀表板上的前/後剎車分配器,水箱和鋁製水箱,所有計數器均為史密斯(燃油表,電壓表,機油壓力,水溫),儀表和右上角為零的電子轉速表, 3台Weber DCOE 45化油器,鄧祿普(Dunlop)鋁製輪輞,三部分16'X 6英寸,中央拆卸,前部新的鄧祿普RACING 600輪胎,後部650皮革座椅,帶快速復制功能的D型方向盤。

注意:

儘管在發動機艙中可以看到油箱和製動助力器,但這些零件是錯誤的,可以快速卸下。

有關信息:

捷豹在62年後恢復了D型汽車的生產,並透露將生產25種D型汽車,以實現最初的雄心壯志,即生產100輛D型汽車

購買我們的D型車是一次難得的機會,可以以可接受的價格購買出色的D型車,並且可以以相同的方式用於安靜的步行,更嚴肅的巡迴賽和集會以及參加最負盛名的歷史性賽車比賽。

JAGUAR TYPE D

明確な参照コード

Register

New Account Register

Already have an account?
Log in instead Or Reset password